プロフィール

金村 龍那(かねむら りゅうな)
昭和54年4月6日生まれ

平成14年より衆議院議員 城島光力事務所に勤務し、
財務大臣秘書を経験。

その後独立し、児童福祉施設を8カ所経営するなど、
官民両方の立場から社会問題の解決に取り組む。

小学生の娘と5歳、4歳になる息子をもつ3児の父。
座右の銘は「向き不向きより前向きに!」

金村りゅうな

プロフィール

金村 龍那(かねむら りゅうな)
昭和54年4月6日生まれ

平成14年より衆議院議員 城島光力事務所に勤務し、財務大臣秘書を経験。
その後独立し、児童福祉施設を8カ所経営するなど、官民両方の立場から社会問題の解決に取り組む。
小学生の娘と5歳、4歳になる息子をもつ3児の父。

座右の銘は「向き不向きより前向きに!」

金村りゅうな

メッセージ

私、金村りゅうなは、

国会議員秘書として、
児童福祉施設の経営者として
地域の課題を受け止め、
より良くする取り組みを実践してきました。
共働きで3人の子どもを育てる父としても奮闘しています。

そのような暮らしの中で気づくのは、
社会の仕組みが今の時代に合っていないということです。

政治ができることは
仕組みや制度を変えることで、
困難を取り除き、一人ひとりの人生の選択肢を増やしていくことです。

誰だって自分の望むように生きていい
いつだってやり直していい
全ての人が自分らしく、可能性に挑戦できる社会を。

コロナ禍の今、
私たちが感じている不安や違和感は、新しい日本へ生まれ変わるヒントです。

今を生きている、私たちの世代が古い日本をアップデートする主役です。
これからを生きていく子どもたちが未来の日本で自由に羽ばたけるように
川崎から日本を変えましょう。

力を貸してください。

メッセージ

私、金村りゅうなは、

国会議員秘書として、
児童福祉施設の経営者として
地域の課題を受け止め、
より良くする取り組みを実践してきました。
共働きで3人の子どもを育てる父としても奮闘しています。

そのような暮らしの中で気づくのは、
社会の仕組みが今の時代に合っていないということです。

政治ができることは
仕組みや制度を変えることで、
困難を取り除き、一人ひとりの人生の選択肢を増やしていくことです。

誰だって自分の望むように生きていい
いつだってやり直していい
全ての人が自分らしく、可能性に挑戦できる社会を。

コロナ禍の今、
私たちが感じている不安や違和感は、新しい日本へ生まれ変わるヒントです。

今を生きている、私たちの世代が古い日本をアップデートする主役です。
これからを生きていく子どもたちが未来の日本で自由に羽ばたけるように
川崎から日本を変えましょう。

力を貸してください。