理 念

働く世代へ

みなさんは何のために働いていますか?
ー 暮らしのため。個人の自己実現のため。技術を磨きたいから。お客様の笑顔をみたいから。
理由は様々だと思います。
しかし、今の日本は本当に働く人たちにとって選択肢のある社会となっているのでしょうか
長らく続く日本経済の低成長、一部の勝者を優先したかのような富の偏りや格差の固定化。
平均所得は下がり続け、人口減少・少子高齢化社会の中で社会保険料の負担は増すばかり、先行き不透明な日本社会において個人の貯蓄率は過去最高。
これでは経済の活性化も、ひとりひとりの人生の選択肢も増やすことはできません。
いまの時代に合わせて社会のシステムを変えればみなさんの所得は増えます。
新しいセーフティネットによるチャレンジできる社会を作り、人生の選択肢を増やしましょう。

働く世代へ

みなさんは何のために働いていますか?
ー 暮らしのため。個人の自己実現のため。技術を磨きたいから。お客様の笑顔をみたいから。
理由は様々だと思います。
しかし、今の日本は本当に働く人たちにとって選択肢のある社会となっているのでしょうか
長らく続く日本経済の低成長、一部の勝者を優先したかのような富の偏りや格差の固定化。
平均所得は下がり続け、人口減少・少子高齢化社会の中で社会保険料の負担は増すばかり、先行き不透明な日本社会において個人の貯蓄率は過去最高。
これでは経済の活性化も、ひとりひとりの人生の選択肢も増やすことはできません。
いまの時代に合わせて社会のシステムを変えればみなさんの所得は増えます。
新しいセーフティネットによるチャレンジできる社会を作り、人生の選択肢を増やしましょう。

子育て世代へ

私も3児の父として、日々子育てに奮闘中です。
人口減少・少子高齢化社会に対し、このままで良いと思える人はいるでしょうか。
少子化対策は日本にとってもっとも大きな課題です。それにも関わらずいまの日本の子育て政策や子育て世代に対する不寛容さは一体何なんでしょうか。
私は、子育て世代の経済的負担の軽減時間的余裕の確保が不可欠だと考えます。
格差の固定化と言われる現代社会において、子育て世代の経済的負担を軽減しなければ、子どもは生まれた家庭によって人生が決められてしまうかもしれません。
子育て世代に余裕のある時間を提供できれば夫婦や家族の時間にゆとりができ心身ともにリフレッシュし、仕事も子育ても積極的に取り組むことができます。
社会の軸を多数派から少数派や個人に合わせ、すべての人に個別最適化な支援がグラデーションのようにいきわたる政治を実現します。

子育て世代へ

私も3児の父として、日々子育てに奮闘中です。
人口減少・少子高齢化社会に対し、このままで良いと思える人はいるでしょうか。
少子化対策は日本にとってもっとも大きな課題です。それにも関わらずいまの日本の子育て政策や子育て世代に対する不寛容さは一体何なんでしょうか。
私は、子育て世代の経済的負担の軽減時間的余裕の確保が不可欠だと考えます。
格差の固定化と言われる現代社会において、子育て世代の経済的負担を軽減しなければ、子どもは生まれた家庭によって人生が決められてしまうかもしれません。
子育て世代に余裕のある時間を提供できれば夫婦や家族の時間にゆとりができ心身ともにリフレッシュし、仕事も子育ても積極的に取り組むことができます。
社会の軸を多数派から少数派や個人に合わせ、すべての人に個別最適化な支援がグラデーションのようにいきわたる政治を実現します。

ご高齢の世代へ

これまでの日本の成長や安心安全の暮らしに尽力してきた大先輩のみなさん。
しかし高齢者になると途端に社会のメインストリームから遠ざかってしまう印象です。
実際、地域活動していても二世帯住宅も増え「息子に聞いてから、娘に聞いてから」と言われることも多くあります。
人生100年といわれる現代社会において、私たちはご高齢の皆さまの知識や経験を活かさなければもったいないと思います。
そのためには持続可能性を担保した社会保障制度や医療の発展介護の充実を実現しアクティブシニアが地域社会の主役を担う、そんな未来があってこそ私たち子育て世代は年を重ねる楽しさに溢れてくると信じています。

ご高齢の世代へ

これまでの日本の成長や安心安全の暮らしに尽力してきた大先輩のみなさん。
しかし高齢者になると途端に社会のメインストリームから遠ざかってしまう印象です。
実際、地域活動していても二世帯住宅も増え「息子に聞いてから、娘に聞いてから」と言われることも多くあります。
人生100年といわれる現代社会において、私たちはご高齢の皆さまの知識や経験を活かさなければもったいないと思います。
そのためには持続可能性を担保した社会保障制度や医療の発展介護の充実を実現しアクティブシニアが地域社会の主役を担う、そんな未来があってこそ私たち子育て世代は年を重ねる楽しさに溢れてくると信じています。

少数派のみなさんへ

私は障がいを持った子どもたちへ療育を提供する児童福祉施設を運営してきました。
また私自身の次男も障がいを抱えて生まれてきたことから、障がいを抱える子どもの親として当事者でもあります。
子どもたちへは「療育を通して出来ることを増やす」、そして子どもの成長を通して「ご家族や兄弟児の選択肢を増やす」ことを使命に経営にあたってきました。
実際、集団の中でパニックを起こしてしまう児童が集団の中で安心して過ごせるようになる、生活スキルの向上により親が時間を取られることが少なくなったという声をいただきます。
ここでの経験を踏まえ、私は「障がいとはその人でなく社会の側にある」と捉えています。
発達障害を一例に考えれば、特定の出来ないことばかりに目を向けるのではなく、できることや長所に目を向ければ障がいとは表現できないと思います。
また、そもそも人はいつ事故や病気によって障がいを持ち、福祉を必要とするかわかりません。
つまり日本社会の閉鎖的な視点が、より生きにくさに繋がっていると感じています。
いま必要なのは、多様性や包摂性を前提とし社会の軸を個人に合わせグラデーションのように個別最適化された支援の行き届いた日本です。
少数派の中にこそ日本の未来があることを伝えたいと思います。

少数派のみなさんへ

私は障がいを持った子どもたちへ療育を提供する児童福祉施設を運営してきました。
また私自身の次男も障がいを抱えて生まれてきたことから、障がいを抱える子どもの親として当事者でもあります。
子どもたちへは「療育を通して出来ることを増やす」、そして子どもの成長を通して「ご家族や兄弟児の選択肢を増やす」ことを使命に経営にあたってきました。
実際、集団の中でパニックを起こしてしまう児童が集団の中で安心して過ごせるようになる、生活スキルの向上により親が時間を取られることが少なくなったという声をいただきます。
ここでの経験を踏まえ、私は「障がいとはその人でなく社会の側にある」と捉えています。
発達障害を一例に考えれば、特定の出来ないことばかりに目を向けるのではなく、できることや長所に目を向ければ障がいとは表現できないと思います。
また、そもそも人はいつ事故や病気によって障がいを持ち、福祉を必要とするかわかりません。
つまり日本社会の閉鎖的な視点が、より生きにくさに繋がっていると感じています。
いま必要なのは、多様性や包摂性を前提とし社会の軸を個人に合わせグラデーションのように個別最適化された支援の行き届いた日本です。
少数派の中にこそ日本の未来があることを伝えたいと思います。