全国初!LINEによる「コロナワクチン キャンセル枠有効活用システム」

新型コロナウイルスワクチンの接種が広まる中、全国各地で当日の急なキャンセルにより、ワクチンを廃棄せざるを得ない事例が発生しています。

そうした中、神奈川県では、ワクチンロスを防ぐ為の取り組みとして、LINEによる「新型コロナウイルスワクチン キャンセル枠有効活用システム」が導入されました。

6月7日(月)、本日から利用スタートですので、ご活用頂ければと思います。

 

LINEによる「新型コロナウイルスワクチン キャンセル枠有効活用システム」とは

当日キャンセルなどにより余剰ワクチンが生じた場合、事前にキャンセル待ちのご登録頂いた方にお知らせし、ワクチン接種予約のマッチングを行うシステムです。

 

※神奈川県のホームページより引用

 

システム利用対象者と利用方法

利用対象は、県内のワクチン接種機関ワクチン未接種で、キャンセル待ちを希望する県民です。

ワクチン接種機関及びキャンセル待ち希望者は、県のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」等を通じて、事前登録を行います。

そして接種機関で余剰ワクチンが生じた場合に、接種機関が余剰枠を登録すると、キャンセル待ち希望者に通知が届き、先着順で予約を受け付けます。

予約登録された方は、予約確定通知を受信した後、接種機関で接種を受けるという仕組みです。

ぜひ、神奈川県にお住まいの皆さまは、こうしたサービスをご活用頂ければと思います。

参考:全国初、LINEによる「新型コロナウイルスワクチン キャンセル枠有効活用システム」を導入します|2021年06月01日 記者発表資料

 

コメントを残す