新丸子と言えば抜群の住みやすさ!衆議院支部長が新丸子を語る!

本日は、新丸子駅にて朝の街頭活動を行なって参りました。

いつもお声をかけて下さる方々や、若い世代で反応を下さる方が多い地域でもあり、愛着を感じます。

私にとっては第二の故郷と言っても過言ではないのが新丸子です。

議員秘書として住んでいた新丸子。

独身最後の時代を過ごした新丸子。

衆院議員、足立康史代議士や、ジャイアント馬場さんも住んでいたことで有名な地域でもあります。

私のような、外からきたよそ者を温かく受け入れてくれる地域が新丸子でもありました。

飲食店が軒を連ね、どのお店も気さくに話しかけてきてくれる新丸子が私の憩いの地域でもあります。

お客さん同士を繋げる飲みニュケーションが盛んだった記憶は忘れません。笑

軍需産業が盛んだった頃、新丸子は「花街」として栄えていました。

その名残りからか飲み屋が多いのが新丸子の特徴です。

とは言いつつも、東横線と目黒線というハイセンスな電車が新丸子には行き交います。

武蔵小杉駅北口から徒歩6分。

多摩川土手でゴルフも野球もできるのが新丸子という街なのです。

大学病院は徒歩10分圏内に2つもあるという好立地。

地元の住民と新住民が入り混じった、人とひとの距離が絶妙な街が新丸子でもあります。

川崎フロンターレのお膝元でもあり、新丸子という街全体でスポーツを盛り上げています。

私が長年過ごした新丸子の地で活動出来ることを本当に光栄に思っております。

皆さんも、是非一度新丸子という街に踏み入れてはいかがでしょうか。

コメントを残す