国民に負担のみを強いる権力行使に思う事

みなさん、こんにちは。金村りゅうなです。

本日は、今もっとも伝えたいことを書こうと思います。

 

緊急事態宣言やまん延防止措置が延長の見通し

昨夜、延長に関する報道に接し、憤りしか感じませんでした。

この延長措置が人流に向けてなのか、それとも感染対策なのか、政府は根拠となるエビデンスを開示する必要があります。

そうでなければ国民の側にのみ負担を強いる緊急事態宣言やまん延防止措置の延長は、日本経済や国民の暮らしだけでなく国民の心もついていきません。

小出しする緊急事態宣言によって、感染拡大のピークを遅らせることには成功しているかもしれませんが、それは国民の一致結束した行動の賜物です。

言いたくありませんが、日本人の民族性を逆手にとって我々に我慢ばかりを強いる政府の在り方に疑問も感じます。

制度や法律によって選択肢に限りのある自治体ではなく、今こそ政府が国民と向き合いハード面を整えメッセージを届けるべきです。

 

補償策を早急に策定すべき

いま必要なのはwithコロナの中で厳しい環境に直面している生活者や商店、企業をサポートする補償策です。

なんの手立てもなくいたずらに我慢ばかりを強いる政治では、いまを乗り越えることはできません。

重ねてにはなりますが、このままでは国民の心はついていきません。

 

感染終息にむけたハード面に責任を持つ

なぜ政府が批判の目にさらされているのか、それはハード面が全く整っていないからです。

ワクチンの供給は足りているのか、ワクチン接種の環境は整っているのか。

いずれも残念ながら不十分と言わざるを得ません。

政府は早急にハード面に責任を持つべきです。

 

今回のコロナ禍によって、改めて調整型政治の限界や、つぎはぎだらけの政治によって制度疲労を起こしている日本を目の当たりにしました。

自由を愛し選択肢に溢れた社会を作りたい。

チャレンジこそ尊いと信じ、歩み続けたい。

スタート・リスタート・フェアを軸に希望に満ちた日本を作りたい。

私は「累進課税からフラットタックス」「チャレンジのためのセーフティーネット」によって個人の可処分所得を増やし、至るところで目詰まりを起こしている日本社会を循環させる起爆剤とします。

社会制度を抜本的に改革できるのは、しがらみのない政治を標榜する私たち日本維新の会しかありません。

いま政治は決断力、実行力、伝える力が求められています。

私は必ず、全てを実行させます。

 

コメントを残す