【衆議院選挙2021神奈川10区立候補者】「川崎から世代交代!」日本維新の会、金村りゅうなです。

改めまして、本日、衆議院議員選挙2021神奈川10区(川崎区・幸区・中原区の一部)に日本維新の会から立候補しました金村りゅうなです。
 

本日は午前6時前より川崎駅西口にてご挨拶。

立候補届を提出した後は晴れて衆議院議員候補者として、午前11時より第一声を行いました。

公認を受けてから1年3か月以上に渡り毎日地道に活動を行ってまいりましたが、

本日はいつもに増して多くのお声掛けを頂きました。

中でも「一票入れるよ!」と堂々と言ってくださる方が多く、本当に嬉しく、驚きました。

より多くの方に金村りゅうなを知って頂き、そしてご期待頂けるよう、

これからの12日間に想いを全てぶつけてまいります。

 
さて、選挙初日ですので、改めまして、簡単に自己紹介いたします。

1979年4月6日生まれの42歳です。

衆議院議員 城島光力(元財務大臣)の秘書を務めた後、川崎市内3園を含め、児童福祉施設を8カ所立ち上げました。
ちなみに、よく間違われるのですが、親の会社を引き継いだとかではなく、私自身が会社を創業し、経営者として施設の運営をしていました。

現在、小学生の娘と5歳、3歳の息子をもつ3児の父として、子育て真最中でもあります。
妻も働いており、共働きです。

座右の銘は、「向き不向きより前向き」。明るさが取り柄です。

今回、初めて衆議院議員選挙に立候補した想いです。
 

私、金村りゅうなは、衆議院議員(財務大臣)秘書、そして、児童福祉施設の経営者という官民両方の立場で働き、川崎市内をくまなく歩く中で、

✓障がいへの不安と負担におしつぶされそうなお子さんやご家族

✓頑張って働いても、なかなか所得が上がらない現役世代

✓一人暮らしで居場所がないというシニア世代

といった方々と出会い、数多くの声に寄り添ってきました。
 

政治ができることは、仕組みや制度を変えることで、困難を取り除き、

一人ひとりの人生の選択肢を増やしていくことだと考えています。
 

誰だって自分の望むように生きていい。

いつだってやり直していい。

全ての人が自分らしく、可能性に挑戦できる社会を。
 

今を生きている、私たちの世代が日本をアップデートする主役です。

これからを生きていく子どもたちが、

未来の日本で自由に羽ばたけるように。
 

川崎から日本を一緒に変えましょう。

コメントを残す