【衆議院選挙2021神奈川10区立候補者】金村りゅうなの政策①個性を活かす子育て・教育

 
こんばんは。

神奈川10区から立候補しました、日本維新の会の金村りゅうなです。
 

衆議院議員選挙の投票用紙

一枚目は【金村りゅうな】

二枚目は【維新】にお願い致します。


 

本日は午前中、武蔵小杉駅横須賀線口、そしてお昼前から元住吉事務所前にて活動を行っておりました。


 
期日前投票が本日から始まり、早くも「一票入れてきたよ!」とお声掛け頂いたりと嬉しい一日になりました。
 

本日は、我らがブロック長の梅村みずほ参議院議員、
そして、みのぐち集座間市議会議員が応援に来てくれました。
 
お二人からも力を頂き、前向きに頑張ってまいります!


 
(ブログ最後に梅村みずほ参議院議員との動画を載せていますので是非ご覧ください。)


さて、今回私は、「ちがいをチカラに!やさしい未来をつくる5つの政策+1」を掲げています。

①個性を活かす子育て・教育
②誰もが働きやすい職場づくり
③安心で持続可能な社会保障
④規制改革でイノベーション
⑤多様性あふれる優しい社会
+身を切る改革で責任と信頼の政治
 

今日はまず、

政策①個性を活かす子育て・教育

について紹介します。
 

私自身、小学生の娘、5歳と3歳の息子の3児の父として、日々子育てに奮闘中です。
 
また、これまで、障がいを抱える子どもたちとそのご家族に寄り添い、療育を通じて社会参加を手助けする児童福祉施設を、川崎市内を含めて8園、経営してきました。
 

そのような中で感じたのは、子どもたちの特性や個性、人と違ったところを伸ばしていく子育てや教育環境が、もっともっとこの国には必要だということ。
 
ひとりひとり「ちがい」を「チカラ」に変えていく社会こそがこれからの日本が目指すべき姿だと考えています。
 

これからを生きていく子どもたちが、個性を活かし、自由に羽ばたける社会をつくるために。
 

まず何よりも、障がいがあってもなくても共に学ぶインクルーシブな保育や教育を実現したいと考えています。
 
福祉と教育、雇用の連携強化も大切な視点です。ICTを活用し、教育格差ゼロにも取り組んでいきます。
 

また、保護者が経済的な負担を感じることがなく、子どもたちの個性を伸ばしていけるよう、子育てクーポンや出産一時金の増額で、子育て負担を軽減し、小学校から大学までの無償化を提案していきます。
 

本日応援にお越し頂いた、梅村みずほ参議院議員も同じ子育て世代当事者です。
 
子どもたちが自由に羽ばたける世界を目指し、選挙戦残り10日間駆け抜けたいと思います。

コメントを残す