障害のない社会をつくる〜ちがいをチカラに、人生をかけて〜

「障害のない社会をつくる〜ちがいをチカラに、人生をかけて〜」

金村りゅうなの決意として、こちらを掲げて活動を行っています。

私はこれまで、発達障がいと呼ばれる子ども達の教育に人生を捧げてきました。

その中で、「障がい」とは、子ども達の側ではなく、子どもたちを取り巻く「環境」の側にあるのではないかと思うようになりました。

子ども達は皆が可能性の塊です。

教育や社会が、子どもたちがチカラを発揮しやすいようにアップデートしたら、どれだけ皆幸せになれるだろうか。

痛いほど感じる毎日でした。
 
福祉の現場だけでなく、社会の様々なところに越えるべき障がいは存在します。

私は、教育や雇用をはじめ、様々な分野にひそむ社会の側の「障がい」を取り除き、

誰もが生き生きとチカラを発揮し、命を謳歌できる世界を、人生をかけて、つくりたいと思っています。

コメントを残す