遂に大阪都構想が告示

みなさん、こんにちは。金村りゅうなです。

日本維新の会にとって悲願である大阪都構想の住民投票が告示されました。

二重行政解消、広域行政を府に一元化、市を廃止して4つの特別区にする統治機構改革に挑戦します。

今迄10年間の人間関係で実現してきた大阪都構想を、仕組みに落とし込むことが今回の目的。
これだけの大きな改革だけに賛否両論ありますが、我々以外からは何の提案もありません。

この10年間で大阪府市が積み上げた実績を見れば一目瞭然です。

大阪府の税収は1.7倍、大阪市の税収も1.3倍と着実に成果を上げています。
経済成長なくして住民サービスにおける質の向上はありません。

都内在住歴もある私からすれば、今回のスーパー特別区は23区も含めた地方自治や基礎自治体の未来の在り方に繋がります。

今、東京都も含めた関東経済圏のプレゼンスは世界において低下する一方です。

だからこそ大阪都を実現し、関西経済圏において名実ともにリーダーシップを発揮すべきと考えています。
その上で日本全体のプレゼンスを高めていきます。

私は事業を通して「挑戦する情熱、チャンスを逃さない準備、勝負するタイミング」の3つを大切にしてきました。

まさに天下分け目の大勝負。
私も10/19大阪入りすることを決めました。

コメントを残す